【日帰バスツアー】


これまでの行先

平成21年度  日時  平成22年3月16日(火)
 行先  浜口御陵ゆかりの広八幡神社と有田川温泉(入浴可)
 集合  JR環状線 大阪城公園駅  8時30分出発
 道順  広川ー広八幡神社(観光)−日本最古の醤油発祥の地
      丸新本家(観光)−有田川温泉(昼食・入浴)−黒潮
      市場(観光)−森之宮解散

 今回は、39名(男性16名、女性23名)の参加でした。前日からの雨が出発時
まで、降り続くというあいにくの天気だったのですが、曇り後晴れと
風がきついものの楽しい一日となりました。
 最初に向かった「広八幡神社」では気さくな宮司さんが30分ばかり案内して
くれて、最近チリ地震津波があったばかりですが、安政元年(1854)に当地を
襲った大津波の被害を受けた際、村の有力者であった、浜口梧陵が村人を
救い私財をなげうって防波堤を建設するなど、その功績は後に国定教科書に
掲載されていたとのことである。
 次に、醤油発祥の地湯浅醤油の蔵元老舗「丸新本家」を見学、金山寺味噌
など、買い物する。
 昼食は、有田川温泉の「鮎茶屋」で、お目当ての温泉にも入ってみんな
いい気持ちとなる。
 最後に、海南の「黒潮市場」に立ち寄り、海産物の買い物、丁度、マグロの
解体実演も見学でき、一路帰途に、着く。


平成20年度


 日時  平成21年3月24日(火)
 行先  姫路城下の灘菊酒造見学と播磨名刹鶴林寺
 集合  JR環状線 大阪城公園駅  8時30分出発
 道順  姫路太陽公園(観光)−ウエルサンピア(昼食)
      −灘菊酒造見学(試飲)−播磨の法陸寺である鶴林寺
      −森之宮解散
   
   参加者 29名でした。
   車中で今回訪れる鶴林寺に造詣の深い会員の加藤毅夫氏から写真
  入りで見どころの解説付き冊子の提供をいただき出発。最初の”太陽
  公園”では凱旋門、万里の長城、秦の始皇帝兵馬俑坑など復元を観光
  のあと、サンビアで昼食。 ”灘菊酒造”見学では当時のたたずまいの
  酒蔵 の中で、説明に耳を傾け、試飲に熱中、土産の物色に頭を痛める。
   最後の”鶴林寺”は聖徳太子創建の寺と伝わる、境内には国宝の寺宝、
  重要文化財の数々に信仰が高まったと伝える鎌倉、室町時代の全盛期を
  偲び・・・・・・。



平成19年度
 日時  平成20年3月19日(水)
 行先  サントリ山崎蒸留所と北野天満宮から錦市場
 集合  JR環状線 大阪城公園駅  9時

   参加者 26名でした。
   折角の行事であるにもかかわらず、生憎の雨模様になりました。最初の
  サントリ山崎蒸留所では、工場の製造工程の紹介のあと、サントリご自慢の
  「山崎」の試飲に皆さんご満悦でした。昼食は「しょうざん」で会席。
  午後は北野天満宮へ、皆さん神妙な顔で平素の心がけに・・・?
   最後は、京の台所といわれる「錦市場」を訪れ、ご家族へのお土産をと
  行ったりきたり・・・・・。JR環状線森之宮駅前に戻り解散。