【ふじの山】

ふじの山:『ふじの山』(ふじのやま)は童謡。文部省唱歌。作詞は巌谷小波。作曲は不詳。『富士山』(ふじさん)というタイトルで呼ばれることもある。 『ふじの山』(ふじのやま)は童謡。文部省唱歌。作詞は巌谷小波。作曲は不詳。『富士山』(ふじさん)というタイトルで呼ばれることもある。 1911年(明治44年)に刊行された『尋常小学読本唱歌(二)』が初出。小学校学習指導要領音楽編にて、小学校3年生の歌唱共通教材に指定されている(タイトルは『ふじ山』)。2007年には「日本の歌百選」にも選ばれる。 2001年3月29日よりこの歌のアレンジバージョンを大月駅富士急行線ホーム1番線・2番線と河口湖駅で発車メロディとして使用している。また富士急行各社内でも、営業時間外の留守番電話のオルゴールにこの曲が採用されている。