【椰子の実】

椰子の実:作詞:島崎藤村、作曲:大中寅二 この詩は、島崎藤村が友人の柳田國男(やなぎた・くにお)から聞いた話をもとに作ったものとされています。  柳田國男は、明治31年(1898)8月から9月にかけての約1ヶ月間、愛知県南東部、渥美(あつみ)半島先端の伊良湖(いらご)に滞在しました。このとき、浜辺に漂着していた椰子の実を見つけて感動した話を、東京に帰ったのち、藤村にしました。  すると、藤村は「君、その話を僕に呉れ給へよ、誰にも云はずに呉れ給へ」と柳田に頼んだといいます。このとき聞いた話が、この名詩となって結実したわけです。このエピソードは、柳田の著書『海上の道』などに記されています。  『椰子の実』は、『落梅集』に収められています。昭和11年(1936)、大中寅二(おおなかとらじ)によって曲がつけられ、国民歌謡として全国に放送されました。  日本民俗学の大成者として知られる柳田國男は、明治8年(1875)、兵庫県神東郡田原村辻川(現在は神崎郡福崎町辻川)に生まれました。東京帝国大学法科大学を卒業後、農商務省等の中央官庁や朝日新聞社に勤めながら、民俗学の研究を進めてきました。のちに請われて國學院大学教授就任。民俗学の金字塔『遠野物語』は、明治43年(1910年)の成果です。  晩年には、日本民族は、南方から黒潮に乗って日本列島に達したという主張を『海上の道』にまとめました。これも、若いときに伊良湖で見た椰子の実から発想したものといえるでしょう。  2番の浮寝は「寝場所が一定しないこと」です。このほかに、1水鳥が水に浮いたままで寝ること、または水上に舟をとどめて夜を明かすこと、2心が落ち着かず、安眠できないで横になっていること、3夫婦でない男女が一時的に契りを結ぶこと――という意味もあります。  3番の流離は「さすらうこと」。「激る」は通常は「滾る」「沸る」と書き、川の水などが激しく流れること、または湯などが煮えたつことという意味で、転じて怒り・悲しみ・焦りなどの感情が激しく湧き上がることも表します。